中華食堂一番館 神保町店

678

餃子について考えてみた。
良い餃子、美味しい餃子の反対は悪い餃子、不味い餃子。
でも、天は餃子の上に餃子を作らず?餃子は等しく平等である。(と、思う)が、やはり、人の子ゆえに、よろしくない餃子に出会うこともある。
そんな時は、だから、美味しい餃子が理解出来るのだ、と。
つまり、美味しい餃子に出会うためには、「残念な餃子」も食すべきであると。
今日は神保町の駅の直ぐ側。中華厨房一番館神保町店、焼き餃子190円。
ここは、頻繁に店名が変わるが段々日本語の出来ない店員さんが増えている。

by ハルコ部員

中華食堂一番館 神保町店
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13069211/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中